のむらのこだわり

国有林を活用する理由

信頼の年輪「国有林」マーク木曾の豊かな自然環境を守りたい
木曾の豊かな自然環境は、木曾森林管理署と木材業界が主体となり、後世代に伝えていかなければいけないものと考えます。しかし、山は自然のままでいいというものではなく、枝打ちや下草刈りなど、人手をかけてやらないと結果的に良材は成長しないのです。

計画的な間伐で森を育てる
そこで「間引き」いわゆる「間伐」という方法で計画的に「木曾ひのき」林の手入れをし、環境を保っております。
のむら木材は木曾の国有林で80年から100年もの時間をかけて育った「木曾ひのき」の間伐材を直接仕入れているので、森林環境を損なうことなく良質な「木曾ひのき」を提供することができます。森林浴発祥の地「赤沢自然休養林」

日本の風土に最適な建築材 「木曾ひのき」は建築物に姿を変えた後も、呼吸し、生き続けます。木にとっても育った気候風土と同じところ、すなわち日本国内の建築物に使用されることがもっとも最適な環境なのです。


木曾ひのきへのこだわり

「きそひのき」マーク江戸時代からの歴史を受け継いで
「天然木曾檜」は江戸時代から「木一本、首一つ」と言うことばがあるように、保護され、建築用材として大切に使われてきました。
そして現在、「木曾檜」は「日本三大美林」の一つとして広く認知されています。

数々の優れた特徴をもつ「木曾ひのき」
木曾では「天然木曾檜」を次代に継承すべく「木曾ひのき(人工林)」を植林しつづけています。「木曾ひのき(人工林)」は厳寒地で耐え育つため、、昔ながらの焼印他のひのきより年輪の目詰まりが緻密で、歪みが少なく、すばらしい光沢があり、気品と風格、美しさと強度を兼ね備えたひのきのなかの「ひのき」なのです。

そして人々を癒す芳香
そして「木曾ひのき」の優雅で上品な香りは人々に心の安らぎをもたらすのです。

所在地/〒399-5604 長野県木曽郡上松町正島町1-18-1 地図
TEL/0264-52-2417  FAX/0264-52-3530  E-mail/info@nomura-mokuzai.co.jp
Copyright (C) 2004 のむら木材株式会社 All rights reserved.